navi
Whoowasit?(誰だったでしょう?)
編集
ゲーム名Whoowasit?(誰だったでしょう?)
作者Reiner Knizia
人数2-4
時間30分
大賞2008年ドイツ年間ゲーム大賞子供ゲーム賞受賞
スキル記憶と推理
モチーフ動物たちと協力して指輪を盗んだ犯人探し
関連ワード / / /
ゲーム紹介

いろんな動物たちに話を聴きながら魔法の指輪を盗んだ邪悪な魔法使いを捕まえることがこのゲームの目的です。
ダイスを振ってお城を探しまわり、音声ガイドから与えられたヒントを元に推理してタイムリミットまでに犯人を見つけることができればゲームクリアです。
プレイヤー同士で競うゲームではなく、全プレイヤーで協力しあい容疑者の中から犯人を見つけます。
3つの難易度を選ぶことができます。ただヒントの言語がドイツ語と英語のバージョンしかないため、これを聴き取れなければヒントの内容がわからないためゲームができません。

ゲームルール

 ダイスを振って城の中を探索していきます。城の部屋には部屋の主として動物がいて彼らからヒントを集めて、容疑者の中から犯人を特定できたらゲームクリアです。
ダイスは1から4までの目とおばけの目が2つ用意されていて、数字の目がでたらその数以内のマス移動ができます。おばけの目がでたらおばけがボードに記された矢印にしたがって移動します。
 お化けがいる部屋には移動ができず、プレイヤーのいる部屋におばけがついてしまったらスタート地点の部屋に戻されてしまいます。
各部屋では音声ガイドコンポーネントのボタンを教えて行動します。行動には『探しもの』『話を聞く』『届け物をする』『魔法を使う』『箱を開ける』があり、適切なタイミングで適切な行動をして犯人逮捕へとつなげる情報を集めていきます。
 部屋の主である動物はタダではヒントをくれないので彼らの欲しがるものを持って行ってあげてそれと交換にヒントを得ます。ヒントを得て扉の開け方や犯人の特徴を記憶して制限ターン内に盗んだ犯人を見つけて指輪を取り返したらゲーム終了。
また制限ターンを迎えてしまってもゲーム終了になってしまいます。

アルバム