navi
髑髏と薔薇(Skull&Roses)
編集
ゲーム名髑髏と薔薇(Skull&Roses)
作者Herve Marly
人数3-6人
時間15-45分
大賞2011年フランス年間ゲーム大賞
スキルブラフ チキンレース
モチーフ酒場のチキンレース
関連ワード / / /
ゲーム紹介

酒場での暴走族のチキンレース!を題材とした、ブラフをかける面白さを極限まで凝縮した傑作小箱ゲーム。
1枚1枚出されていくカードを全員で固唾を呑んで見守る"仕込み段階"の緊張感、
戦いの火蓋が切って落とされた時の止まらないスリル、いざカードが明かされた時に爆発する開放感!
テンポよく訪れる緊張と笑いはまさにジェットコースター。
成功しても失敗しても楽しめてしまうようなゲームですので、短時間ながら非常に盛り上がります。
2箱用意すればなんと最大12人プレイ対応!ルールも簡単、飲み会や旅行の場などでも大活躍するでしょう。

ゲームルール

各プレイヤーに渡されるのはバラ3枚+ドクロ1枚の4枚のカード。(1枚だけあるドクロは爆弾のようなものだと思えばいいでしょう。)
これを時計回りの順に1枚ずつ自分の前に伏せて積んでいき、誰かが手番で「チャレンジ」したらチキンレース開始。

「いま積んだカードの山々を上から順に開いていった時、ドクロのカードをめくることなく、バラのカードだけを何枚めくれるか?」を宣言していきます。
次の手番の人はそれを上回るような枚数を言うか、パスして降りるかのどちらかを選ばねばなりません。

こうして枚数を釣り上げていき、パスしていないのがただ一人になったらいよいよオープン!
宣言した枚数に達するまでカードを山の上から開いていきます。(他の人の山のカードを選ぶのは、自分の山を全て開いた後でないといけません。)
バラだけをめくりきることに成功したらチャレンジ成功。逆にもしドクロを1枚でもめくってしまったらチャレンジ失敗、手札を1枚没収されてしまいます。

合計2回チャレンジに成功したら勝利!

アルバム