navi
引き潮と満ち潮
編集
ゲーム名引き潮と満ち潮
作者Wolfgang Werner
人数2
時間20分
大賞2001年 ドイツ年間ゲーム大賞 ノミネート,2001年 アラカルト カードゲーム賞 10位
スキルカードゲーム 抽象ストラテジー
モチーフ潮の満ち引きをテーマにカードを移動させる対戦ゲーム
関連ワード / / /
ゲーム紹介

このゲームは波打ち際をテーマにしたゲームです。引き潮側と満ち潮側に分かれ、カードを動かして自分のエリアから相手のエリアへとカードを移動させていき、ポイントを獲得して競いあう対戦ゲーム。ルールは非常にシンプルで、時間もそれほどかかりません。

ゲームルール

プレイヤーは向かい合い、境界線カードを5枚ずつ両サイドに並べます。そして5×5のマス目できたフィールドができあがります。そしてプレイヤーは25枚ずつある引き潮、満ち潮カードのどちらか25枚を受け取りよくまぜ裏にして5つに均等に分けフィールドの手前に山札として置きます。互いに3枚山札から選び、右隅に1枚、そのうえに1枚、その左隣に1枚配置します。この3枚の置かれた場所が互いのエリアとなり、この敵のエリアに自分のカードを侵入させることが目的になります。

手番が来たら山札から1枚選び、自分のエリアのどこかに配置します。配置したとき、自分のカードの列や行に数字かアルファベットの重なりがあった場合、それが縦のカード同士で重なっていたら横に移動、横のカード同士で重なっていたら縦に移動させます。こうしてカードを移動させた結果相手のエリアに自分のカードを到達させることができたら、相手のそのカードを奪うことができ、勝ち点になります。カードを境界線カードの上に移動させてしまったらそのカードは除外されます。手番終了時に相手はカードのアルファベット、色の重なりを確認します。

どちらもカードを動かせなくなったらゲーム終了、その時点でもっとも得点を稼いだプレイヤーの勝利です。

アルバム