navi
宝石商
編集
ゲーム名宝石商
作者Reinhard Staupe
人数2-5
時間60分
大賞2003年 アラカルト・カードゲーム賞 2位,2003年 トリックトラック賞 金賞,2003年 日本ボードゲーム大賞 海外ゲーム・入門者部門 受賞
スキル交渉術
モチーフ宝石取引交渉を通してお金儲け
関連ワード
ゲーム紹介

その名の通り、プレイヤーは宝石商となって世界の宝石取引所を巡って取引を行いお金を稼ぐゲームです。
2003年 ドイツ年間ゲーム大賞にノミネートされています。このゲームのミソは如何に相手の欲しいものを狙い当てることができるかどうかです。
じっくり他のプレイヤーの意図を読み取り、自分に有利な状況を作りだしていくかがポイントです。

ゲームルール

手番を回す前に各プレイヤーはアクションカードを1セット、宝石を4色3個受け取ります。
残りのイベント、宝石カードは分けておいておきます。残りの宝石も色別に分けておいておきます。

3ステージを通してもっともお金を稼ぐことができたプレイヤーが勝利します。1ステージは参加人数分のラウンドを行うことで終わります。

プレイヤーは手番で

1.宝石カードを山札から引いて表にします。
2.次にイベントカードを山札から引いて表にします。イベントはアクションで実行されるものもあれば、得点計算の際に宝石の価値を補正するものもあります。
3.手札のアクションカードから1枚選んで置きます。(表にはしない)

全員手番を終えたら、アクションカードのオープンフェイズになります。
全員同時に先程選択したアクションカードを公開します。
このときアクションカードの内容が
・他のプレイヤーと被っていなければそのままアクションを実行できます。
・3人以上のプレイヤーが同じアクションを選択していれば該当プレイヤーのアクションは無効化されます。
・2人のプレイヤーが同じアクションを選択していればアクションを行う権利のための交渉ができます。
 交渉相手の欲しい宝石を掲示し、それに相手が納得できればアクションを行うことができます。
 互いに納得できるまで宝石の種類、数を変更することができます。

このようにしてステージ終了でステージ毎の得点計算に移ります。
各宝石別に一番多く持っているプレイヤーはボーナス得点を得ます。同数の場合ボーナス得点はその数で割りそれぞれ獲得します。
得点計算後先程のボーナス得点を得たプレイヤーは該当の宝石を半分返還します。同数だった場合2つずつ返還します。
その後イベントカードの鑑定書の数が最も多いプレイヤーとその次に多いプレイヤーにボーナス得点が入り、鑑定書カードを捨てたら次のステージに移ります。

こうして3ステージ終了後最もお金を稼いだプレイヤーが勝利です。金額が同額ならば価値の高い宝石をより多く持ったプレイヤーが勝利します。

アルバム