navi
ワードバスケット
編集
ゲーム名ワードバスケット
作者小林俊雄
人数2-10人程度
時間3-10分
大賞
スキルしりとり
モチーフしりとり
関連ワード / /
ゲーム紹介

ひらがな50音+αのカードを使った、スピード勝負のしりとりゲーム。
子供のゲームと侮るなかれ、大人同士でも自然とヒートアップするのです。
普段とは違った頭の領域をフル回転!最後のカードを出せた時の爽快感はひとしおです。

ゲームルール

全員に手札を何枚かずつ配った後、中央にあるバスケットにカードが1枚放り込まれたら一斉にゲームスタート。
カードにはそれぞれひらがな1文字が書いてありますので、
”バスケットに入っているカードの文字で始まり、手札のカードの文字で終わる言葉”を考えましょう。

思いついたらその言葉を発声しながら急いでカードをバスケットの中に入れます。
(例えばバスケットに「い」が入っていて、手札に「か」のカードがあったら、
 「いるか」といいながら「か」のカードをバスケットに入れることが出来ます。)
これを早い者勝ちで繰り返して、手札が一番早く無くなったプレイヤーの勝利となります。

特殊カードとして、「あ行」すべての代わりとして使えるカードや、
「5文字ぴったりの言葉」ならどの文字で終わっても良いカードなどがあります。

普通のしりとりと同様に"地名のみ"や"人名のみ"、"7文字以上のみ"などの縛りを設けることで難易度の調整が簡単に行なえます。
言葉を考えるのが苦手な人や、子供と遊ぶときなどはこういったハンディキャップをつけるとよいでしょう。
(実際、このゲームは人によって得意不得意の差が大きいようです。)

・何人でも参加でき、1ゲームも短いので、すこし空いた時間に最適です。
・知育や認知症予防にも非常に役に立つはずです。

アルバム