navi
ローマ水道
編集
ゲーム名ローマ水道
作者Martin Schlegel
人数2-4
時間60分
大賞2006年ドイツ年間ゲーム大賞ノミネート
スキルパズル
モチーフローマの水道工事対戦パズル
関連ワード / / /
ゲーム紹介

古代帝国ローマの水道を作業員と建築家を上手に使って長く伸ばしていくゲーム。
とはいえランダム要素も幾分か含まれているために伸びていく水路はゲーム毎に複雑に変化し、絡み合いながら伸びていき、実用的には見えないですがぐるぐるねじれたおかしな水路がボード上にできあがっていく回路づくりゲームです。
他のプレイヤーを直接的に妨害することもできるので、如何に他のプレイヤーを出し抜いて自分の水路を長くできるかがミソです。

ゲームルール

ボードには水道タイルをおいていく内側と建築家コマを配置する外側があります。内側には4箇所水源があり、そこから4種類水道タイルをおいて伸ばしていきます。
また建築家は全部で12個並んでいます。
プレイヤーは手番になったら外側の建築家コマを指定して水路を伸ばせます。建築家コマには水道タイルの絵が描かれていて、そのタイルを建築家コマの直線上にあるマスのどこかに配置できます。
しかしそのタイルは作業員がいるマスと接していなければなりません。

水道タイルを置き終わったら建築家コマは時計回りに次の空いている外側のマスに移動します。またボードの角にある噴水を建築家コマが通過すれば追加でもう一枚水道タイルを配置できます。

水路が外周や他のタイルの壁とぶつかったりしてしまってこれ以上伸ばせなくなったらその水道は完成したことになります。
その水道の持ち主のプレイヤーはその長さのタイル分だけ勝ち点を獲得します。同じタイルを二度通過しても得点は2回計算されます。
勝ち点を得るために作業員コマを得点のマスに置く必要がありますが、仮に同じ得点のマスが他のプレイヤーに埋められていたら、それより得点の低い場所に配置しなければなりません。

すべての水路が完成、もしくは誰も手番が一巡しても水路を拡張できなくなればゲーム終了。
得点計算をして最も勝ち点が高かったプレイヤーが勝利。

アルバム