navi
ヒマラヤ
編集
ゲーム名ヒマラヤ
作者Régis Bonnessée
人数3-4(推奨4)
時間60分
大賞2005年ドイツ年間ゲーム大賞ノミネート
スキル戦略的思考 論理的思考力
モチーフヒマラヤ高原を舞台に民族発展ゲーム
関連ワード / / /
ゲーム紹介

ヒマラヤはその名の通りヒマラヤの麓を舞台に、その広大な高原でヤクの隊商を率い、交易を通して宗教、経済、政治の影響力を高めて、自分の民族を発展させていくゲームです。
交易に必要な原材料を集めてそれを必要な場所に届けて3つの影響力をバランスよく高めていく必要があります。

ゲームルール

ゲームは12ラウンドで終了します。各ラウンドの初めにプレイヤーは1分以内でそのラウンドで行うアクションを最大6つまで決めなければなりません。
たとえ不利になるようなアクションであっても一度この1分で決めてしまったら実行可能ならば必ず実行しなければなりません。

この1分間のラウンドアクション計画策定フェイズが終了したら各プレイヤーの手番をスタートプレイヤーから順にまわして行きます。

プレイヤーは手番ではアクションを計画策定フェイズで決めた順番どおりに実行していく必要があります。
隊商を移動させて原材料を集めていきます。

ボード上で隣の村へ道を通り移動していくのですが、道は土、氷、石と3種色別に存在し、計画策定フェイズで事前にこの色の道をどういうルートで通るのか決めます。

村に辿りついたら原材料を集めるアクションが実行できます。しかし各村では連続して資源を取得出来ない上、村においてある価値の低い原材料から順でしか取得できません。
原材料はランダムに配置してあり、かつ価値が異なる5種類存在します。

また村では使命を達成するアクションも実行できます。各村には使命リングが配置されていて、それには1~3の原材料が指定され、その指定された原材料をその村にもたらすことができれば使命完了です。
使命を完了すると。「使命リングを取得する」「自民族の使節コマを隣接エリアに置く」「ストゥーパ(寺)を建てる」の中から2つを実行できます。
使命リングを取得すれば経済における勝ち得点、使節コマの派遣は政治における勝敗要素、ストゥーパの数は宗教における勝敗要素となります。

最終ラウンド後各プレイヤーの宗教、政治、経済の3つの要素で順に脱落形式で勝者を決めていきます。

1.宗教
建造したストゥーパの数が最も低いプレイヤーが脱落します。
2.政治
ボード上の8つのエリアに配置された使節コマのおいてあるエリア数を比べます。最もエリアの数が少ないプレイヤーが脱落します。
3.経済
獲得した使命リング(得点)と4,8,12ラウンドに手に入るヤク(羊)の数が最も低いプレイヤーが脱落します。

こうして最後に残ったプレイヤーが勝利します。

アルバム