navi
バグダッドの盗賊(Der Dieb von Bagdad)
編集
ゲーム名バグダッドの盗賊(Der Dieb von Bagdad)
作者Thorsten Gimmler
人数2-4
時間45分
大賞2007年 ドイツ年間ゲーム大賞 ノミネート
スキル戦略思考 状況判断力
モチーフ宮殿盗賊団同士の宝争奪戦
関連ワード / /
ゲーム紹介

バグダッドの盗賊ではプレイヤーは盗賊団を率いて獲物を狙います。しかし獲物となるお宝はバグダッド宮殿に隠されていてしかもがっちりと守られています。そこで盗賊団のリーダーは宮殿に潜り込んで守衛になりすまし賄賂を使って宝を盗もうと画策します。
カードを駆使して、さまざまな状況下で最もクレバーな判断を行い、部下と賄賂で味方につけた守衛を上手に使いこなせたプレイヤーが勝利という至上のお宝にありつけます。

ゲームルール

ボードには6色の宮殿が描かれていて、それぞれの宮殿に宝箱が隠されています。
ゲームで使用するのはその6色に対応した宮殿カードとどの色の宮殿としても扱える宮殿カードの全7種だけです。
まず各プレイヤーは宮殿カードを自分の手番開始時に受け取ります。後から始めるプレイヤーほど最初に受け取る宮殿カードは多くなります。
プレイヤーは宮殿カードを使用してアクションを行っていきますが、行わないこともできます。
アクションを行えば手番終了時に3枚宮殿カードを補充、行わなくとも1枚補充できます。


以下、プレイヤーが手番にできることを説明します。

宮殿にある宝箱を盗むときに自分の盗賊団の部下を侵入させなければなりません。
各宮殿の前には各プレイヤーの色が描かれた守衛コマと誰のものでもない黒色の守衛コマが存在しており、盗賊コマを侵入させるためには手引するために最低でも一体の自分の盗賊団の守衛コマと他の守衛を買収するために他の色の守衛の数だけの宮殿カードが必要になります。
自分の色の守衛コマは宮殿カードを移動前か移動後に対応する色のものを使えば移動させることができます。(ただし移動先に空きがあることが必要)
またこの移動の際守衛と同時に盗賊コマを同じ数だけ宮殿に潜り込ませることができます
。黒色の守衛コマは移動前と移動後の両方の色の宮殿カードを使うことで移動させることができます。
如何に都合のよい宮殿を見つけ狙いをつけ宮殿カードを節約するかということが重要です。


宝箱には必要な盗賊の数が記されていて盗賊コマを必要数揃えなければなりません。宝箱を無事盗むことができたら盗賊コマは手元に帰ってきます。
一番早く規定数(2人プレイ6個、3人プレイ5個、4人プレイ4個)の宝箱を獲得したプレイヤーの勝利です。

アルバム