navi
ドラゴン島
編集
ゲーム名ドラゴン島
作者Tom Schoeps
人数3-6
時間60分
大賞2003年ドイツ年間ゲーム大賞ノミネート
スキル読み合い
モチーフトレジャーハンターとしてドラゴン島を冒険!協力して裏切りして宝をせしめろ!
関連ワード / /
ゲーム紹介

プレイヤー達はトレジャーハンターとしてドラゴン島を冒険し、島の中央にあるお宝を持ち帰って自分のものにしていくゲームです。
ただしこのゲームではお宝を手に入れるためには協力しなければなりませんし、お宝を独占するために裏切りをしなければならないときもあれば地形を変えて邪魔をしなければならないときもあります。
多種多様なカードや他人との協力と裏切りのタイミングを読み、うまく宝をせしめたものが勝利できるゲームです。

ゲームルール

まずプレイヤーは自分の操る色のコマを選びます。選んだ色によっては移動時にボーナスを受けることもあります。そして6枚手札を獲得します。手札は毎ターン6枚まで補充可能、カードをプレイしないことを選択すれば山札から6枚引いて手札と交換できます。
島の中央に同額のお宝チップを2枚配置します。このお宝は1人では運ぶことができません。

プレイヤー達は島の周囲にある波止場から船を係留し島に乗り込むことができます。島にはさまざまな色のタイルが敷き詰められ、6枚の手札のカードを好きなだけプレイすることで島の中を移動することができます。
宝チップのある場所に2人のプレイヤーが辿り着けば、宝とその2人のコマはセットとして扱われ、該当の2人の手番の間動かせます。どちらかの船に辿り着けば宝を山分けして獲得できますが、カードをプレイすることで裏切ることもでき、裏切りが成功すれば片方が宝を両方せしめ、もう片方は何も得られません。
また宝を運んでいる途中第三者のコマが宝とセットになっているコマに辿り着けばどちらか片方のコマをどけ、宝を運ぶ役を交代することができます。

その他カードをプレイすることで地形を入れ替えたり、侵入不可能な場所を作るドラゴンを配置するなどして他プレイヤーの邪魔をすることができます。

宝を運び終えたら新たな宝を中央に配置、宝はだんだん高額になっていきます。すべての宝を運び終えたらゲーム終了。
もっとも宝の金額が高いプレイヤーが勝利します。

アルバム