navi
ディクシット
編集
ゲーム名ディクシット
作者Marie Cardouat
人数3-6
時間30分
大賞2000年 2010年ドイツ年間ゲーム大賞受賞
スキルファミリー パーティゲーム ユーモア ブラフ
モチーフ無し
関連ワード
ゲーム紹介

「じゃぁ、お題は…"今日の夕飯何かな?"で!」「!?」
お題として出された謎の言葉に対し、"なんとなくそれを表していそうな"怪しげな絵柄が描かれたカードが6枚並ぶ。
この中で出題者の混ぜたカードは1枚だけ、あとは全てダミーのカード!
お題の意図を汲み取って、出題者が混ぜたカードを正しく選ぶことができるのか!?

・ルールがとても簡単!しかも初プレイからすぐに楽しめます。子供から高齢の方まで一緒にプレイできますし、女性にも大人気!
・親睦会や、飲み会の後なんかにもピッタリ。ウケ狙いでだんだん大喜利のようになってきます。
・拡張版がいくつも出ているので、プレイを繰り返してカード内容に飽きてきても大丈夫!
・表現を思いつくのが極端に苦手な人はすこし苦労するかも?

ゲームルール

全員、個性的で抽象的な絵の描いてあるカードを6枚ずつ手札にしてゲーム開始。1枚として同じカードはありません。

親は手札から1枚カードを裏向きに出し、言葉、歌、身振りでもなんでもいいのでその絵から受けた印象を表現します。
残りのメンバー(子)は、今度は自分の手札を見て、親の表現に一番近いと思われるカードを裏向きに出します。
全員がカードを出し終えたらシャッフルして一斉に公開。

子は全員投票チップを持ち、公開された絵のうち1枚を選んで投票。
ここで「親が出したカード」に投票することができればポイントゲット!

親は自分のカードに1票でも入ればポイントがもらえますが、
お題として出した表現が分かりやすすぎて全員に当てられてしまったらペナルティ。
また、逆にわかりにくすぎて誰も投票してくれない場合もペナルティとなります。
したがって、分かりやすすぎず、分かりにくすぎない絶妙の表現をお題にしてカードを出さねばなりません。

山札のカードが無くなるか、誰かが30ポイントに達した時点でゲーム終了。

アルバム