navi
キャッシュアンドガンズ(Ca$h’n Gun$)
編集
ゲーム名キャッシュアンドガンズ(Ca$h’n Gun$)
作者ルドヴィック・モーブロン(Ludovic Maublanc)
人数4-6
時間30分 軽-中量級
大賞2005年トリックトラック賞 ノミネート
スキルブラフ ユーモア
モチーフギャングの撃ち合い
関連ワード /
ゲーム紹介

ギャングであるプレイヤーたちは銀行強盗に成功するも、アジトでいざ現金を前に仲間割れ!
少しでも多くの分け前をもらおうと、さっさと帰れ!とお互い銃を突きつけあいます。まるで映画のワンシーン!
しかし、情けないことに、ほとんどの銃には実弾なんか入っていないのです…
相手のハッタリを見抜き、撃たれないようにしながらなんとか多くの金を稼げ!
ロマンの詰まった、楽しく脅し罵りあうパーティーゲーム。

現金を並べる→銃を突きつけて罵り合う→逃げなかったプレイヤー同士で現金を山分け…を繰り返すのですが、
8ラウンド中、たった3回しか使えない実弾をいつ使うかの駆け引きがゲームの肝!ノリノリで楽しみましょう。

・「特殊能力」を導入することで、二丁拳銃やら自爆手榴弾やらが追加され、さらにロマンが溢れます。
 また、人狼のような正体隠匿要素のあるルールを導入し、戦略性を増すことも出来ます。

ゲームルール

全8ラウンドを生き延び、なおかつ現金を一番持っていたプレイヤーが勝利。
または自分以外の全員を撃ち倒せば勝利。(被弾3発でリタイア)

ゲームの流れは以下のとおり。
いちばん声の大きい人がゴッドファザーになって叫びます。

①「分け前を出せ!」
 テーブルの上に紙幣が5枚ばらまかれます。ばらまかれる金額はランダム。5000$、10000$、20000$の三種類の紙幣があります。

②「弾を込めろ!」
 金額を見て、実弾にするか空砲にするか決めます。実弾はたった3発。うち1発は強力な速射弾!

③「銃を構えろ!」
 銃を手に取り、一斉に誰かに向けて構えます。途中で向ける相手を変えてはいけません。そして罵倒合戦です。勢いが大切。

④「覚悟を見せろ!」
 撃たれそうな人は銃をおろして逃げます。屈辱のチキンマーカーを受け取らなければなりません。

⑤「BANG!」
 速射弾がまず放たれます。撃たれた人は負傷マーカーを持って倒れます。
 次に通常弾が放たれます。撃たれた人は負傷マーカーを持って倒れます。
 負傷マーカーが三つたまったら再起不能!

⑥強奪金の分配
 逃げても撃たれてもいない、最後まで立っていた人たちで現金を分け合います。
 基本みなさんはアホという設定なので、均等に分けられる金額までしか貰えません。両替も出来ません。
 余ったお金は次ラウンドに持ち越します。

これを8ラウンド繰り返し、手に入れた合計金額を比べます。ただし、チキンマーカーはひとつにつき-5000$のペナルティ。

・拡張ルール1の「スーパーパワー」を導入すると、全員が特殊能力をひとつ得ます。
誰が何の能力かは、使用されるまでわかりません。
撃ち倒した相手の銃を受け取って二丁拳銃に出来たり、撃たれた時に自爆して全員巻き添えにしたり、
銃の向きをヒョイッと変えることが出来たり、弾を込めなおしたり。無茶苦茶です。

・拡張ルール2の「警察のスパイ」はいわゆる正体隠匿ゲームの要素が加わります。
誰か1人が秘密裏に警察のスパイになり、「強奪金の分配に紛れ込み、6ラウンドまでに3回の通報を終えること」と
「最後まで生存すること」が勝利条件となります。これら達成されてしまえば他のプレイヤーは全員敗北となりますので、
何とかしてスパイを特定し、阻止せねばなりません。

アルバム