navi
エルカバレロ
編集
ゲーム名エルカバレロ
作者Wolfgang Kramer,Richard Ulrich
人数2-4
時間90分
大賞1999年ドイツ年間ゲーム大賞 ノミネート
スキル戦略的思考 読み合い
モチーフ領土をつなげて支配していくタイルプレイスメントゲーム
関連ワード / / / /
ゲーム紹介

一言でいうとタイルプレイスメントゲームです。地形タイルを配置し、その次に調査騎士団タイルを配置して所有権を獲得し、点を競いあうゲームです。
プレイヤー同士で調査騎士団タイルを置けないように妨害しあったり、調査騎士団を送り得点に結びつけるためにコスト管理をしたりと考えることが多い若干難しいゲームですが、じっくりと楽しむことができる玄人向けのゲームです。

ゲームルール

 地形タイルは金山が描かれているものと描かれていない地形タイルがあり、タイルの辺には海になっているものもあれば陸地になっているものもあります。騎士タイルは両面4辺(計8辺)に数字が1から8まで記されています。騎士タイルを地形タイルに隣接させたとき、隣接している辺によって何人の騎士が派遣されているかがわかります。この騎士タイルは派遣可能な騎士数を表示するのにも使用します。そのときは自分の手前方向に派遣可能数と同じ数が記された辺をこちらに向けることで表示させます。

 パワーカードを1組、派遣可能数を5として表示、スタートの地形タイルを配置してゲームを開始します。またパワーカードのうち9を出したとき、そのラウンドのアクションでは地形タイルを1枚追加で選択することができます。

 まずパワーカードをプレイしていきます。自分のプレイ前に他プレイヤーがプレイしていた場合同じ数字のカードは出せません。パワーカードには補充される騎士の数とアクション順が描かれています。

 パワーカードのプレイ終了後、カードに記された騎士の数補充してアクションフェイズに移ります。アクションフェイズでは 各ラウンド5枚公開になる地形タイルから1枚選び、場の地形タイルに隣接させていきます。その他騎士タイルの配置、派遣されている騎士数の増減、撤退、船と砦の建築と移動ができます。

 騎士タイルは各アクションフェイズ2枚までの配置移動(追加、撤退含め)させることができます。地形タイルと隣接している辺が騎士の派遣数になります。ただし騎士の配置は自分の派遣可能数でなければなりません。1枚以上のタイルで構成される土地に他プレイヤーも派遣していた場合支配権を得るのはより多く騎士を派遣していた方になります(同数を派遣することは不可能)。決算の時支配権を得ていたらその土地のタイル数と金山の数が得点になります。

 ただし騎士タイルは2辺以上地形タイルの陸地部分と隣接すると消滅させられてしまいます。その際騎士数を1失うことで得られる砦チップを騎士タイルの上に配置していれば消滅の代わりに騎士を撤退させることができます。

 また陸地以外にも海で土地を形成することもできますが、決算のとき得点を得るためには騎士数を2失うことで得られる船チップを騎士タイルの上に配置すれば得点を得られます。また海でできた土地に複数プレイヤーの騎士が派遣されていても全員得点を得ることができます。つまり海に騎士を派遣する際必要となる騎士の数は常に1です。決算の時その海でできた土地のタイル数と魚の数が得点になります。

 ラウンド4と7の時に決算が行われ、ラウンド7終了後もっとも得点が多かったプレイヤーが勝利します。

アルバム